慶應義塾大学 学部入学案内
慶應義塾大学 学部入学案内
交通アクセス・キャンパス案内問い合わせ先一覧
交通アクセス・キャンパス案内問い合わせ先一覧

Menu

HOME > 学部案内 > 理工学部

学部案内

理工学部

学科

キャンパス

  • 日吉:1、2 年
  • 矢上:3、4 年

学部の特色

先進の体制で切り拓く、次代の最先端

科学技術の発展とともに、理工学は高度に専門化、細分化する道を突き進んできました。一方で、こうした個別の学問では、現代社会が抱える複雑にからみ合った諸問題を解決することが不可能になってきています。そこで理工学部では2000年4月、未来の理工学の姿を目指し、学部・大学院全体が専門の壁を超えて有機的に協力し合える、柔軟で多彩な教育研究組織体制をスタートさせました。さらに2014年に創立75年を迎え、理工学部のさらなる進化は続きます。

未知の扉を開く鍵「創発」

理工学部が目指す理想の教育研究のキーワードのひとつが「創発」です。創発とは、新たな科学技術を生み出すために、お互いが協力・啓発し合い、より高次の成果を発現する、開かれた創造の場を言います。理工学部では、各学科が自らの専門領域の研鑽に励むと同時に、学問の枠にとらわれない未知の学際領域の諸問題を、より自由に、より多面的に、共同究明しています。そうした研究環境が学生のフロンティア精神を育み、秘めた創造的能力を最大限に引き出しています。

「次」を見据えた教育と人材育成

日々刷新し、最新の知識がすぐに色褪せていく科学技術の世界。理工学部では、現在の最先端を学ぶのではなく、「次の最先端を切り拓くための基礎を学ぶこと」をモットーとしています。また国際社会の様々な舞台で活躍するためには、確固たる専門知識・技術はもちろん、グローバルな視野や適切な判断力で人を動かす指導者としての資質が強く求められます。広い視野や柔軟でバランスのとれた思考を養うために、専門教育と並び、総合的な人間教育にも力を入れています。

歴史

1939(昭和14)年藤原工業大学として創設(機械工学科、電気工学科、応用化学科)。1944年工学部として慶應に寄贈される。1971年現在地(矢上)に移転。1981年理工学部に改組。1996年学科改組。2002年生命情報学科増設。

関連資格・試験

  • 中学校教員免許
    • 機械工学科、電子工学科、管理工学科、数理科学科、情報工学科:数学
    • 応用化学科、物理情報工学科、物理学科、化学科、生命情報学科、システムデザイン工学科:理科
  • 高等学校教員免許
    • 機械工学科:数学、工業
    • 電子工学科:数学
    • 応用化学科:理科、工業
    • 物理情報工学科、物理学科、化学科、生命情報学科:理科
    • 管理工学科、数理科学科、情報工学科:数学、情報
    • システムデザイン工学科:理科、情報
  • 電気主任技術者
  • 無線技術士
  • 建築士など

理工学部ホームページ

このページのトップへ