慶應義塾大学 学部入学案内
慶應義塾大学 学部入学案内
交通アクセス・キャンパス案内問い合わせ先一覧
交通アクセス・キャンパス案内問い合わせ先一覧

Menu

HOME > 学部案内 > 看護医療学部

学部案内

看護医療学部

学科

看護学科

キャンパス

  • 湘南藤沢:1、2、4 年
  • 信濃町:3、4 年

学部の特色

保健・医療・福祉を一体化できる、先導者を育成

複雑な健康状況とリスクの多い現代社会において、人々のよりよい健康・生活のあり方を、既存の保健・医療・福祉の領域を超えて追究できる人材が求められています。看護医療学部では、そのような要求に応える看護の専門性をもち、国内のみならず国際的な視野に立って先導者として活躍できる人材の育成をめざしています。

時代を超えて看護の可能性を拓く

慶應義塾は、大学医学科の創設の翌年である1918(大正7)年に「看護婦養成所」を設置しました。同養成所は、「医学部附属厚生女子学院」、「看護短期大学」へと組織を変え、2001(平成13)年、「看護医療学部」として新たなスタートを切りました。本学部ではこうした95年にわたる歴史を基盤に、時代の要請に合わせた看護教育に取り組んでいます。超高齢化や医療格差が叫ばれる現代社会において、日本国内のみならず、世界全体を視野に入れて保健・医療・福祉の課題に果敢に取り組み、活躍する人材の育成をめざします。

総合大学の特徴を生かした学び

多様なライフスタイルが共存する社会の中で、看護が果たす役割はますます拡大しています。看護の対象である人間とその環境を理解し、人々が健康に暮らすには何が必要か、自分は看護の立場で何ができるかを真剣に考えて実践するためには、看護学だけでなく幅広い分野の学問を学ぶことが重要です。本学部では総合大学の特徴を生かし、講義・演習科目の専門性を高めるために積極的に他学部の教員を招いています。選択科目として他学部の講義を履修することも可能です。また、医療系に医学部・看護医療学部・薬学部を擁する大学として、三学部が互いに連携して保健・医療を追求できる人材を育成しています。2011年度より実施している医療系三学部合同教育プログラムでは、学年ごとに共通テーマのもとグループディスカッションを行い、それぞれの立場を尊重しながら交流を深め、医療を受ける人々を中心においた質の高い医療を提供するための専門職連携のあり方を実践的に学びます。さらに、総合政策学部生や環境情報学部生と同じキャンパスで交流し、幅広い視点を持てることも特徴の一つです。

歴史

2001(平成13)年創設。
2005年大学院健康マネジメント研究科設立。

関連資格・試験

  • 看護師国家試験受験資格(看護医療学部卒業生全員)
  • 保健師国家試験受験資格(保健師選択コース修了者【20名予定】)
  • 助産師国家試験受験資格(助産師選択コース修了者【最大6名】、女子のみ)
  • 卒業後の進路(看護医療学部ホームページ)

看護医療学部ホームページ

このページのトップへ